還暦手前ですが、せどりチャレンジします

【せどり初心者注目!】プライスターの賢い使い方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2018年8月、57歳でせどりを始めました。副業で行なっているので、基本的な活動は土、日、祭日が主となりますが、徐々に売上が上がってきています。50歳を過ぎてもせどりができることを日々実証しています。
詳しいプロフィールはこちら

2020年10月にプライスターで配送ラベルの印刷が1枚の用紙に6面印刷できるようになりました。これで配送ラベル用紙を無駄にしないで使えます(プライスターは日々、利用者の意見を取り入れて使いやすいように改良されています)。

また、商品登録もプライスターを使うと今まで以上に簡単にできることがわかりました。プライスターを使えば時間をかけずに価格改定することもできます。今回は、2020年10月現在のプライスターの賢い使い方について解説していきます。

配送ラベルが1枚の用紙に6面印刷できます!

プライスターでは、商品ラベルは24面のラベルシールに印刷開始位置を指定して印刷することが可能でした。この機能によってラベルシールを1枚も無駄にすることなく使えます。配送ラベルも2020年10月から6面のラベルシールに印刷開始位置を指定して印刷できるようになりました。

 

今までの配送ラベルの印刷

配送ラベルで6面のラベルシールに印刷開始位置を指定して印刷できるまでは1面のラベルシールに印刷していました。配送ラベルを1枚印刷すると、次はラベルシールの向きを反対にしてもう1枚印刷していました。1枚のラベルシールから2枚の配送ラベルしか印刷できませんでした。

 

2枚の配送ラベルを切り取った残りは、バーコードを隠すために使っていました。FBA倉庫に商品を発送するために使うダンボールをスーパーマーケットからもらってきます。ダンボールに印字されているバーコードを隠すために切り残しの配送ラベルを使っていました。

バーコードを隠すために使っていますが、印刷した残りのラベルシールがまだかなり残っています。

 

配送ラベルの印刷方法

プライスターで納品プランを作成し、梱包/発送の画面になったら、『配送ラベル印刷』のボタンを押しましょう。①

印刷開始位置を選ぶ画面が表示されるので、今回印刷する位置をクリックし②、画面右下にある『配送ラベル印刷』のボタンを押します。③

 

次回の配送ラベル印刷の際は新たに印刷する位置を指定して印刷すれば、1枚のラベルシールから6枚の配送ラベルを印刷することができ、ラベルシールを無駄にすることがありません。

 

FBA納品の商品登録をもっと簡単に!

今までの商品登録方法

土日に仕入れてきた商品の値札をはがし、商品の状態をチェックしてからパソコンのプライスターで商品登録を行なうのが習慣になっていました。アマゾンセラーセントラルで商品登録するのに比べるとかなり楽になりましたが、それでも時間がかかります。この商品登録を更に簡単に行なう方法があります。

 

スマホアプリの出品予約を利用する

プライスターのスマホアプリに出品予約機能があります。その機能を使うと商品登録がなお一層簡単になります。とりあえず出品予約をしておいて、細かい部分はパソコンで修正することができます。仕入の際にプライスターで商品の確認を行ない、そのまま出品予約をすれば、あとで商品登録する手間が省けます。

 

スマホアプリの出品予約方法

スマホアプリでバーコード検索やキーワード検索、JAN(ASIN、ISBN)コード検索を使って商品を表示させます。商品詳細画面で『出品内容について』の中にある『出品モード』で『自己発送品』か『FBA出品』のどちらかを選択します。

 

『出品モード』は出品予約をしてしまうと後で直すことができません。『出品モード』以外の項目はパソコンで修正できるので出品予約の際は特に気をつける必要がありません。選択、入力が終わったら画面を下にスクロールして『あとで出品(WEB)』ボタンをクリックすれば出品予約は完了です。

 

商品詳細画面で出品予約を行なった後、チェックした商品画面に戻ると『予約済』のマークが付きます。

 

利益計算ができます。

商品詳細画面で価格(販売予定価格)と仕入れ価格を入力すると手数料を差し引いた粗利と利益率を確認することができます。仕入先で粗利と利益率を知りたい時には簡単に分かります。

価格と仕入れ価格を入力します。

 

画面を下にスクロールすると粗利と利益率が確認できます。

 

出品予約を商品登録する方法

プライスターのスマホアプリで出品予約した商品をパソコンのプライスター画面から商品登録していきます。プライスターのメイン画面で『出品する』にマウスカーソルを持っていくとポップアップが表示されます。一番下に表示されている『スマホアプリの予約リスト』をクリックします。

 

『スマホアプリの予約リストを開く』という画面が表示されます。『FBAで出品する』か『自己発送で出品する』かのどちらかを選びます。スマホアプリで出品予約した時に『出品モード』で選んだ出品方法と同じ方法を選択します。

 

商品登録の画面が表示され、スマホアプリで出品予約した商品が載っています。ここからは通常の商品登録と同じようにSKU・コンディション説明・出品価格・仕入れ価格等を入力し、中古写真の登録をして登録を完了させます。

もし、出品予約はしたけれども出品しない商品がある場合は、『予約リストから削除する』のボタンを使えば、出品をとりやめることもできます。

 

価格の改定をもっとスピーディに!

新品商品を出品する場合はプライスターでカート価格に合わせるよう設定しておけば日常的な価格改定は必要ありませんが、中古商品の場合は定期的に価格の改定が必要になります。価格改定のために様々な情報を確認しようとすると結構な時間がかかっていました。

 

今までの価格改定方法

プライスターの在庫管理画面からkeepaの画面に移動します。現在の売れ行きがどうか、最低価格に変化はあるか、出品者は増えているか等を確認し、アマゾンの画面に移ります。出品者の金額と自分の出品金額を比較して総合的に判断して価格改定を行なっていました。

この方法では、出品している中古の全商品に対してkeepaのグラフの確認とアマゾン画面での金額確認を行なうので相当な時間がかかります。毎日のようにできる作業ではないので、週に一度時間をとって行なっていました。

またアマゾン画面での出品者一覧の表示が2020年になって変わりました。画面の範囲が狭く、画面をスクロールしないと他の出品者の価格が見えないので、全出品者の価格の中で自分の出品価格の順位がわかりづらくなりました。商品価格と配送料を合算しないとトータルの料金もわかりません。

 

簡単にできる価格改定方法

プライスターの在庫一覧画面で価格改定したい商品の『最低価格+配送料』の欄にカーソルを合わせると出品者価格一覧の最新データが表示されます。このデータでは出品者全体の価格が一目でわかるようになっているので、自分の順位が瞬時にわかります。

商品価格と配送料が合算された合計金額も載っています。商品のコンディションやFBAで出品なのか自己発送なのかもわかります。

 

価格改定する際はまずプライスターの『最低価格+配送料』の画面を確認して改定価格を判断します。この画面だけを確認して価格改定を行なっていけば時間は大幅に短縮されます。すき間時間にささっと終わらせることができます。

プライスターの『最低価格+配送料』画面だけでは判断がつかない場合(例えば自分の出品価格が最低価格で価格を更に下げたほうがいいのか、上げても大丈夫なのか、価格維持がいいのか等)だけkeepaのグラフを確認すれば問題ありません。

 

まとめ

プライスターは日々利用者の意見を取り入れてせどりがやりやすくなるように改善されています。今回は配送ラベルが1枚の用紙に6面印刷できるようになって無駄なく使えるようになったことや商品登録を簡単に行なう方法、価格改定を時間をかけずに行なう方法について紹介しました。

今後もさらにプライスターから使い勝手の良い方法が発表されたり、使っているうちに良い方法を発見することもあるので、これからも随時お伝えしていきます。

プライスターの申込みをされる方はこちらからどうぞ。

プライスター申込み(お申込みから30日間無料)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2018年8月、57歳でせどりを始めました。副業で行なっているので、基本的な活動は土、日、祭日が主となりますが、徐々に売上が上がってきています。50歳を過ぎてもせどりができることを日々実証しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アラ還せどり , 2020 All Rights Reserved.