還暦手前ですが、せどりチャレンジします

ブックオフで購入した中古本の値札シールのはがし方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2018年8月、57歳でせどりを始めました。副業で行なっているので、基本的な活動は土、日、祭日が主となりますが、徐々に売上が上がってきています。50歳を過ぎてもせどりができることを日々実証しています。
詳しいプロフィールはこちら

ブックオフで中古本を購入してきたら、Amazonへ出品するための準備を始めましょう。本の検品を行なって、値札等のシールをはがすところからはじめます。

高値で売れる商品を見つけてきたとしても家に置いたままではお金にはなりません。出品して初めて売れる状態になるので、なるべく早くAmazonに送るようにしましょう。

但し、仕入れてきた都度出品していたら、送料が高くついてしまいます。自分で出品のルールを作って発送するようにしましょう。ちなみに私は基本的に毎週土、日のどちらかで出品するようにしています。

また、仕入れてきた中古本はあなたが販売する商品となりますので、大事に取り扱うようにしましょう。

購入した中古本を検品しましょう

検品の方法

値札シールをはがす前にまず本の検品をしましょう。検品といっても1ページずつ細かく見ていかなくても大丈夫です。パラパラとページをめくって確認していきます。あまり時間をかけずに効率的に作業していくことを心がけましょう。

確認していく内容は折れているところがないか、破れているところはないか、汚れているところやスレはないか、書き込みがないかです。万が一折れや破れや汚れやスレや書き込みがあった場合は、Amazonに商品登録する際にコンディション説明欄に記載しますので、忘れないようにメモしておきましょう。

この時点で出品する商品の最終的なコンディションが決まります。ブックオフで見た時は非常に良いコンディションで出品できると思っていても検品で折れや汚れが見つかり、コンディションを下げて出品しなければならず、涙した経験もあります。

本にはさんであるものの対応

ページをめくって検品しているといろいろなものがはさまっていることがあります。栞や出版社からの新刊の案内はそのままはさんで出品しています。レシートや個人的なメモの紙がはさまっていることもありました。そういったものは出品せずに抜いておきましょう。

値札シールの確認

値札シールはほとんどが本のカバーに貼ってありますが、カバーのそでに貼ってあることがありました。値札シールがどこに貼られているかを確認することが大切です。

ブックオフで既にセットしてクリスタルパックに梱包されているセット本を購入した場合も一度クリスタルパックから出して検品しましょう。折れや汚れがあったり、値札シールが貼ったままの場合があります。

値札シールはがしに必要なもの

 

 

 

値札シールをはがす時に必要なものは、シールはがし・ヘラ・ウェットティッシュ(ティッシュペーパー)です。

シールはがしは大きく分けるとハケ塗りタイプとスプレータイプがあります。スプレータイプはスプレーすることによって溶剤が飛び散るので、値札等の小さなものをはがす時は不向きです。ハケ塗りタイプははがす部分に塗布すれば良いので、作業がしやすく溶剤も無駄になりません。

私が使っているロックタイトハケ塗りシールはがしにはヘラが付いていますが、小さいので別にヘラを購入しました。ヘラにはカーボンタイプと金属タイプの2種類ありますが、金属タイプははがす時に商品を傷つける恐れがあるのでカーボンタイプの方が使いやすいです。私はカーボンはがしヘラを使っています。

値札シールをはがした後、商品に付いた溶剤やほこりを拭き取るためにウェットティッシュかティッシュペーパーも必要になります。柔らかな布でも問題ありません。家にあるもので代用していきましょう。

私が使用しているシールはがしは特ににおいも気にならずに作業できます。

値札シールのはがし方

では、さっそく値札シールをはがしていきましょう。

まず、値札シールにハケで溶剤を塗ります。塗り終わったら2分から3分ほど待ちます。

次にヘラを使ってゆっくりと値札シールをはがしていきます。値札シールと本の間にヘラを入れれば、そのまま一度にはがれます。

はがし終わったら、ウェットティッシュ(ティッシュペーパー)か柔らかい布で溶剤を拭き取りましょう。

はがし終わった後で本をさわってみて、ベタベタするようであれば、その箇所に再度溶剤を塗り、拭き取りましょう。これできれいになります。今までこのやり方で行なっていますが、値札シールがはがせなかったことはありません。

シールはがしを効率的に行なうためには、広い作業場所を確保し。本を並べて一度に溶剤を塗ってはがしていくことをおすすめします。

注意点:GEOやTSUTAYAで購入したレンタル落ちのセット本はAmazonで販売する際にレンタル落ちの旨を記載して可のコンディションで出品するので、本に貼ってある『レンタル本』等のシールをはがさなくても問題ありません。私ははがしたことはありませんが粘着力が強くてはがしにくいという話なのでそのままにして出品しましょう。

まとめ

  • 中古本を購入してきたら、まず検品から始めましょう。
  • シールはがし・ヘラ・ウェットティッシュを準備して値札シールをはがしましょう。
  • シールはがしを行なう時は広い作業スペースを確保し、本を並べて効率的に行ないましょう。

値札シールをはがしたらクリスタルパックで梱包し、商品の写真を撮影する作業があります。これらのやり方については別の記事でお伝えしていきます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2018年8月、57歳でせどりを始めました。副業で行なっているので、基本的な活動は土、日、祭日が主となりますが、徐々に売上が上がってきています。50歳を過ぎてもせどりができることを日々実証しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アラ還せどり , 2019 All Rights Reserved.